獣医師コラム

シニアワンコの皮膚病

14歳、シニアワンコさん。

数年前から皮膚トラブルがあり、最初は季節性だったのが、段々と慢性傾向に。

近年、アレルギー性皮膚炎でよく使われる痒み止めのアポキルを必要に応じて使いながら、治まりが悪いと抗生剤を使ったり、シャンプー療法を併用したり。

1年前より甲状腺ホルモン剤も使いながらなんとなく一進一退の煮え切らない状況が続いていたのですが、先日、2カ月ぶりに往診に伺うと、いつもは動きも緩慢で、寝ているときもある子が、スタスタと玄関までお出迎え。

毛艶もツヤツヤで表情もとても良く、明らかに数か月前よりも若返っている!!

私はできるだけお薬を使わないで治療できたらなと持ってはいますが、必要な時には普通に薬物療法もしています。

現代医療+代替療法のイイトコ取りを狙っています。

ここ数カ月はアポキルや抗生剤に水素サプリである【レナトス】を加え、胸元の皮膚のべたつきには【マリンナノファイバーペットケアジェル】を使ってもらっていたのですが、段々足取りが重くなってきて、リビングのフロアでも踏ん張りが弱い時があるとのことだったので、3か月前より【歩けるくん】も使用してもらっているんです。

これは、おそらくすべてのことがプラスの相乗効果になったのではないかと思っています。

水素➾活性酸素の消去、および毛細血管の血流改善。

アレルギーやアトピーなど、皮膚の炎症性トラブルを鎮静化させ、なおかつ毛細血管の血流はしっかり保つことで、皮膚の再生を促す狙い。

マリンナノファイバーペットケア➾キチンの作用で皮膚表面の保湿効果を促して肌表面のバリア機能を正常に保ちつつ、これもキチンの作用で傷んだ皮膚の再生を狙う。

歩けるくん➾首輪を装着するだけで、体幹が安定して転びにくくなる。筋力の衰えたシニア犬や、関節にトラブルを抱えたペットなど。日常生活やフローリングなどで歩きやすくなる。

現状、なんとアポキルからも離脱でき、薬物治療は甲状腺ホルモンのお薬のみとなりました。

(当然ですが、皮膚治療を開始してから間もなく、フードの見直しもしてもらっています。皮膚トラブルの解決のためには栄養はとても大事)

◎ここからは私の勝手な考察。

水素サプリメントは半年ほど前から使ってもらっていました。最初は反応がよく感じていたのですが、私が願っているほどの良い効果が出ていませんでした。

そこでゴワゴワ、べたつきのある皮膚の表面の環境を少しでも改善させ、皮膚のバリア機能を取り戻すために使ったマリンナノファイバーを使用。実はマリンナノの前には、【ヒノケアforプロ ローション】を使ってもらっていたんです。しばらくはこのローションでとてもうまくいっていました。
たぶん、体質が変わってきてヒノケアでは限界があり、今はマリンナノとの相性がよかったのだと思います。ケア用品も見直しが必要です。

皮膚のべたつきがひどい時は、抗真菌作用のある医薬品シャンプーも併用していました。

そして、足取りが重くて日常生活がちょっと大変に感じでいたストレスが、歩けるくんの力で解消され、歩行の “ストレス”という要因から解放された。

“ストレス”という環境下では“活性酸素”が多く発生します。

この活性酸素を消去する目的が水素。

皮膚トラブルの炎症をひかせる目的で水素サプリを飲んでもらったのですが、他のストレスや炎症・ダメージがあると、体内で発生した水素が他の臓器のために使われて、本来の狙いである皮膚で有効活用できていなかったのかもしれません。

歩きがしっかりして本人も元気を取り戻し、元気になったことでご飯も美味しく食べ、しっかり歩くことで筋力もUPして新陳代謝も上がる。それによって栄養がしっかり行きわたるようになるし、”歩き”のために使われていた水素が皮膚でしっかり利用できるようになり、相乗効果で全身の健康を取り戻したのではないかな、と。

あくまでこれは私の勝手な考察ですよ。

でも実際に14歳にもなって、こんな艶々した毛の元気な姿を見ると嬉しくなってしまいます。

全てのペットがこのようにうまくいくわけではないですが、治療が願う方向に向かっていないときも諦めずに私についてきてくださった飼い主様に感謝です。

冬場は皮膚病が鎮静化する傾向がありますから、春になったらまた、ちょっと苦労するかもしれませんが、それまでに体力をしっかりつけてもらって、うまく乗り切っていけたらなと思っています。

【レナトス】https://www.charcoal-shop.jp/product/295

【ヒノケアforプロ ローション】https://www.charcoal-shop.jp/product/68

【歩けるくん(STEP-EQT)】https://www.charcoal-shop.jp/product-list/49

※マリンナノファイバーペットケア製品は、動物病院専売品のため、ネット通販での掲載不可商品となります。

ちゃこーるぐれいの実店舗に足を運んでいただくか、ネット通販のお問い合わせフォームよりご連絡いただければと思います。

【お問い合わせ】https://www.charcoal-shop.jp/contact

介護になったらお願いします・・

私は往診獣医なのですが、往診先以外で出会った方(診察に行ったペットショップでたまたま出会ったお客さまとか、私の往診の患者様のお友達とか)から言われる言葉があります。

『今はまだ大丈夫だけど、介護が必要になったらお願いするかも・・・』

たぶん、その方も軽くおっしゃっていると思うので私も軽く受け答えするのですが、心の中では(違うんだよ~!)って毎回思います。

【介護】という言葉から感じ取るイメージは人それぞれかもしれません。
寝たきりになってしまったり、そこまでいかなくても、老いて痩せてきて、歩行に介助が必要になったり、食事を食べることに配慮が必要になったり、病院への通院が大変になってきたり、、、そうなったら在宅でケアできればそれに越したことはない。

でも、私は寝たきりにならないよう、そうなる手前で声をかけてもらいたいな、と、寝たきりになって身体の自由が効かなくなった患者さんに初診で伺うと毎回そう思います。
(少なくとも私の持っている力量では)寝たきりになった子を、もう一度起こして歩けるようにしてあげることはできません。
でも、【食べているけど痩せてきた】、【踏ん張りが効かなくなってきた】、【立たせるのに補助が必要になってきた】・・まだペット自身で(なんとかしよう)という思いがある状態なら、できるサポートはうんと増えるんです。

食欲がある子なら、食事内容の見直しをすれば、16歳のシニアさんでも体重を増やしせる場合もあります。
踏ん張りが効かなくなってきたけど、自分で立ちたい意思がある、立たせるのに補助が必要だけど、立たせればなんとか自分で歩けるのであれば、サプリメントやケア用品を使い、筋力低下を最小限にするための食事の見直しなどを行うと、最後まで自分の足で歩ける場合もあります。

一般の人は、例えば踏ん張りが効かなくなったり、寝たきりになった場合でも、それ自体は【病気】ではないという捉え方になってしまうので、動物病院に行ったり、私を往診で呼んでもらうケースは少ないんですよね。
踏ん張りが効かなくなったことで転んで”足を痛めた”とか、寝たきりになって”床ずれができてしまった”となると、医療介入が必要と判断してそこで初めて獣医師の出番になるんですよね。
動物病院に連れて行くのはストレスもかかるし、待ち時間も長くて疲れてしまうし・・・とためらいがちになるのは充分に理解できます。
私とご縁がない方は、往診を呼ぶことも実は結構ハードルが高いのだということも理解しています。
だから、うちのお店、”ちゃこーるぐれい”を利用してほしいんだよなーって思います。


明らかに医療介入が必要な場合は、動物病院だと思いますが、”病院にいくほどでもないけど、、、”というお困りごとの場合、自分が患者様との経験を通して、役に立ったケア用品やサプリメントなどを置いています。
介護が必要になったから必要なものを探しに来ていただくのではなく、介護が必要になる前、若くて元気なうちから遊びに来てもらって、こんなものがあるんだということを、何となくでいいので覚えておいてもらうと、いざというときにきっと役に立つと思っています。

【加齢】は年を重ねいくこと。これは万人が同じように進んでいきます。
【老化】は加齢に伴い細胞や臓器の機能が衰えていくことですが、この衰え方には【生理的老化】と【病的老化】があり、いかにして【病的老化】の状態にもっていかないようにするかが大切なのです。

年老いてきたから痩せてくるのは仕方ない。
年老いてきたから筋力が落ちてくるのは仕方ない。
年老いてきたから寝たきりになるのは仕方ない。

そんなことはない。自分の経験上、それは断言できます。

もしかすると最後の最後に動けなくなる日が来るかもしれないけど、ケア次第でその時期はうんと伸ばしてあげることができるんですよ、ってこと、覚えておいてくださいネ。

薬漬けは嫌だよね・・・

往診先での一コマ。

そのワンコさんは1歳の頃にひどい皮膚病に悩まされ、近隣の動物病院での治療では思うように改善しなかったので、皮膚科の専門医を受診していたことがあるとのこと。
各種検査を行い、新しい投薬治療を行ったのですが、思ったほど改善が見られず、フードの変更を勧められたので処方食にしたのですが、すぐ下痢をしてしまう。
フードの変更をするのですが、そのたびに下痢をして苦労していたとのこと。
被毛の艶も悪くなり、毛が薄くなったことから、さらに投薬が増え、どんどん投薬が増えていくわりには期待するほどの改善がないことから、投薬そのものに不安が生じ、飼い主様の判断で投薬を全て止めてしまったのだそう。
結局、投薬を止めてしまったほうが皮膚の調子が良くなり、投薬に不信感を感じ、自然療法の先生に少しお世話になった時期もあったそうなのですが、遠方でオンライン診療だったこともあり、ご縁あって私が診察することになりました。
(私は自然療法はほとんどしておりませんが・・・)


足の指の間がかなり赤く、でもほかの部位といえば、背中にところどころ脱毛斑がある程度。
飼い主さんは投薬治療をできるだけ避けてほしいというご要望だったので、私が提供したのはキチンが主成分のジェル(マリンナノファイバーペットジェル)と、水素のサプリメント(レナトスST)、整腸作用を促すサプリメント(クロノーブ)のみ。


指間は舐めると唾液で汚れてしまい、もっと痒くなってしまうので、できるだけ洗って生活を保つようお願いし、ジェルは背中の脱毛部位に塗ってもらい、皮膚の新陳代謝を活発にする。
水素は活性酸素の消去に役立つので、体内での炎症の火消し役になるから、痒い、赤いといった皮膚症状の改善を狙う。痒くなければ舐めなくなるので、舐めなくなれば皮膚は改善していく・・という作戦。
お腹が元々弱いので、整腸作用のサプリメントを使いながら、この子に合ったフードを飼い主様ご自身でリサーチして、納得いくものを探してもらう。
そんな感じで治療開始しました。

1カ月後には背中の脱毛部位に少し発毛傾向が見られ、指間も頑張って洗ってもらっているのと水素サプリが効いてきたのか、舐める頻度が減ってきた様子。
3カ月も経つと、背中の毛はすっかり生え、指間の赤みもかなり良くなりました。

そろそろ1年くらいのお付き合いになりますが、おかげさまで、飲んでいるものは水素のサプリメントのみ。
途中でお耳のケアが必要になったことから、漢方処方のローションを使ってもらい、ケアしてもらっています。

私は往診獣医ですが、普通に薬は車に積んでおり、必要であれば普通に処方しています。

ただ、自分自身が【病院嫌い】【医者嫌い】【薬嫌い】なので、できれば薬を使わないでなんとかしてあげたいよな、というのが基本姿勢です。

急性のトラブルは薬物治療をした方が解決が早い。
短期のトラブルも、切れ味よく解決したほうがよければ薬物治療をした方が解決が早い。

長期のトラブル・慢性的なトラブルは、必要な薬は使いつつも(場合によっては使わない)、プラスアルファでサプリメントを使うとか、オゾン療法を始めとしたケアを追加するとか、根本的にフードを見直すとか。そんな感じでやっていくと、意外とうまくいくケースが多いんですよね。
現代獣医療は診断技術が昔と比べると格段に上がっており、沢山の複雑な”病名”が生まれたなーって思います。
新しい薬も沢山開発され、治療方法も増えました。
でも【どうしてそのような病気になったのか】と考えると、実は、病気ってそこまで複雑ではないんじゃないかな、って思います。
生き物の体を樹木に例えると、病気やトラブルは枝葉に起こる問題で、萎れた歯を回復するために栄養剤を撒いたり、虫が喰ったら農薬を撒いたりすることは、葉っぱがなくなったら枯れちゃうから必要なのだけれど、本来は幹の部分や根の部分にアプローチして、樹木そもののの健康状態を管理していけば、葉っぱも青々として、多少虫に喰われてもそれに負けないくらい新芽が芽生えてくれるのではないかなと思っています。
仕事の仕方が往診という形態になって、患者様の層が少し変わったこともあるかもしれませんが、往診診療を始めた7年前と比べると、本当に使う薬の種類が減りました。

処方されたお薬を止めるのは、薬の種類によっては危険です。
でも、できるだけ少ないお薬で体調管理ができるよう、できるならばお薬に頼ることなく健康管理ができるようになるといいですよね。
そのためには、元気なうちから、少しづつでいいから日頃の生活を見直したり、食生活を見直したり、健康について目を向けて情報収集することが大切じゃないかな、それが【セルフケア】なんじゃないかな、って思います。

*************************************
※レナトスSTはオンラインショップで販売しています。
https://www.charcoal-shop.jp/product/295

(マリンナノファイバーペットジェルとクロノーブ、漢方処方のローションはネット通販掲載不可商品のため、ご興味があるかたは店舗にご来店いただくか、下記のURLよりお問い合わせください。)
https://www.charcoal-shop.jp/contact

ローテーション食の話

【ローテーション食】のお話。

多種類のフードを与えるために、『毎日、3種類のフードを混ぜて与えています♪』という方がいます。

しかしこれがくせ者。
ローテーション食を意識してくださる飼い主様は、フードメーカーもこだわっているケースが多く、こだわりのメーカーさんほど添加物の量が少ないですから、傷みやすい・・・つまり開封してからの鮮度が大切になります。

よろしければ以前書いたコラムをお読みください。
●フードの鮮度
https://charcoal-gray.com/column/232/

フードの油が傷むと【過酸化脂質】と呼ばれるとっても身体によくない油になります。
開封して時間が経ったポテトチップス、古い油で揚げた揚げ物を食べると胃が持たれる・・・それは酸化した油を摂取したことによって胃にとても負担がかかっているということ。

◎過酸化脂質(Wikipedia)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E9%85%B8%E5%8C%96%E8%84%82%E8%B3%AA

・体内での活性酸素の発生
・動脈硬化
・DNA損傷を誘起することによる発がんの可能性

こんなことが書かれています。

なのでドライフードをローテーションをするときは、お気に入りのフードを何種類か見つけたら、2~3週間くらいで食べきれるくらいのサイズのものを使ってもらい、使い切ったら次のフードに切り替える。

ということをオススメしています。

毎日・・1週間・・1カ月・・では複雑な種類の食材は食べられなくても、3が月・・半年・・1年という単位で見ると、さまざまな食材がカラダを作ってくれることになりますよね。それでいいんじゃないかと。

でも、いろんなフードをこまめにローテーションという場合、ドライフードであれば、小分けにして真空パックして保管すると、空気に触れずに管理でき、油の鮮度が保たれると思います。
また、缶詰フードを利用すると、缶詰は開封してから2,3日のうちには食べきると思うので、いろんな缶詰をローテーションするのもオススメ。食費がかかる~、という場合はドライフードにトッピングしてもいいと思いますよ。

『でも、フードを切り替えるときは数日かけて少しづつ切り替えないといけないのでは?』とご質問を受けたことがあります。

これは、【1種類のフードを長期間与え続けていた場合】の話。

食べたものは胃酸でドロドロにされ、さまざまな消化酵素で細かく砕かれ、腸で吸収されて便に出ます。
このときに【胃】【胆嚢】【膵臓】【腸内細菌】の働きがとても重要になります。

たぶん、、ですけど、これらの臓器や腸内細菌って、毎日同じものしか入って来なければ、毎日同じ仕事しかしないと思うんです。
例えば腸内細菌で見た時、善玉菌・悪玉菌・日和見菌・・・これらの動きは常に一定(というわけでないかもしれないけど)で済んでしまうと思うので、違うものが入ってくると、びっくりしてしまうというか、いつもと違う仕事をしないといけないので、休眠状態の腸内細菌が突然起こされるというか・・・それが負担になると思うんですよね。(海外旅行して、知らない土地のものを食べるとお腹を壊すけど、しばらくいると慣れる・・・みたいな感じでしょうか。)
頻繁に違うものが腸内に入ってくる生活であれば、様々な腸内細菌たちはフレキシブルに働いているはずなので、何が入ってきても柔軟に対応できるはずなので、腸内環境が丈夫になるでしょうし、腸内環境を整えるということは、免疫力もUPするだろうということが予想できます(免疫細胞尾70%は腸が作っていますので)。
胃・膵臓・胆嚢も、入ってくる材料によって日々仕事の仕方が変われば、きっと丈夫になるのでは、と思っています。

そもそも、フードは切り替えに時間をかけないといけないという意識が合っても、おやつはそこまでこだわらないですもんね(笑。

私も獣医になって普通に一次診療施設で働いていた十数年は
『ペットは総合栄養食以外のものは与える必要がない』と飼い主さんに指導してきました。
大学でも獣医師になってからも、私達獣医師は基本的にそのように学んできましたから、おそらく世の中の獣医師の大半は、このように考えていると思います。理論上は、科学的には合っているのでしょうね。

人の日常の食事の内容を選ぶのは自分自身や、ご飯を作るお母さんの責任であるように、ペットのフード選びは飼い主様の自己責任。
獣医師の指導に従って決められたフードを与えるもよし、ご自身で情報収集をして納得のいく与え方をするのもよし、だと思います。

フードや食事選びのご参考になればと思います。


STEP-EQTのオモシロさ

9月から取り扱いを開始してから、驚くほどの反響があるこのSTEP-EQT製品。

ワンちゃんやネコちゃんの首に巻くだけで、体幹が安定して歩様がしっかりして、転びにくくなるという・・・。
お店では使用後の嬉しいお声をたくさんいただいています。
https://www.charcoal-shop.jp/product-list/49

この製品、もともとはイタリアのACCAPI社の開発した特殊繊維を首輪の内側に付けたもの。
ACCAPI社は人用のインナーや靴下などを販売しており、その製品の中にリストバンドがあるんです。

この製品がとても面白くて。

もともと手首にはめてもらうと体幹が安定して転びにくくなるのと、筋肉がしなやかになるので、瞬時に体が柔らかくなります(ホントに瞬時に)。
しかも、冷え性の方がつけると5~10分で体がポカポカしてくるのだそう。
身体の微細な電気信号が安定化すると、血流が上がるんですね、不思議です。

この人用のリストバンド、手首に着けるとややブカブカするんですよね。
(手首よりも少し上にあげちゃうといいと思います)
友人がお母様用にと検討してくれて、まずはご自身で体感してみたいと身に着けてくれたのですが、洗い物など水仕事をするのに濡れちゃうから、足首に付けたら足先の冷えがとても改善したよ!!とメールをくれました。

彼女、家の中では1年中草履をはいているとのこと。
この状態でも、足先が全然冷えないのだそう。

私、往診獣医なのですが、日頃はクロックスで動いています。
冬になると足先が冷えるので、冬はボアのインナーが入っているものを使用。
朝、往診車に必要なものを積むのですが、さすがに朝方は足先が冷えます。
私は特別冷え性ではないのですが、白衣のポケットに入っていたリストバンドを足に付けてみました。

暖かい・・・(笑)
クロックスの中の足先全体が、ホントに【瞬時】にポカポカします。
もう不思議すぎて笑っちゃう・・(^-^)

・・・というわけで、まだまだ体幹は安定している私ですが、この冬は足首に着けて過ごすことになりそうです。

ACCAPIリストバンドは【ちゃこーるぐれい オンラインショップ】で販売しています。

https://www.charcoal-shop.jp/product/506

お店に遊びに来てくだされば、瞬時の変化を体験できますし、往診でお声かけいただいた飼い主様も、ペット用の【歩けるくん】と一緒に常に持ち歩いているのでご希望であればペットだけでなく、飼い主様も体験していただけますよ。
お気軽にご相談くださいね。

1234

ちゃこーるぐれいオンラインショップ

店舗で人気の商品を中心にオンラインでも販売中です。
今イチオシのおすすめアイテムをご紹介しています!

  • STEP EQT 歩けるくん
    8,800~

    着けるだけで体幹を安定。ふらつきや転倒予防、柔軟性アップが期待できます。XS~Lサイズ。(Lサイズは9,350円)人用の製品も。

  • 阪急ハロードッグ わんちゃんのこだわりごはんチキン
    715

    ユーグレナ配合で栄養価が高いため食欲のない子や、やせ気味の子には特におすすめ。脂肪分が少ないのでベタベタしません。

  • レニーム 200ml
    2,596

    ノミ、ダニ、蚊などを寄せ付けません。 ブラッシングにより毛艶も良くなります。無香料なのでペットが嫌がりません。

ちゃこーるぐれいオンラインショップ