獣医師コラム

「獣医師のつぶやき」記事一覧

筋膜リリースとお腹の不調

うちの店の受付には、看板犬の『シチュー』がいます。
店長の愛犬ですが、当店の癒し担当です。

4月から導入を始めた『メディセル筋膜リリース』の器械。
実際に施術を受けてくれるワンコたちの反応が素晴らしいものだから、それを目の当たりにしてるうちのスタッフ達、自身のワンコもいつまでも健康であってほしいと、就業時間外でせっせと施術をしているようです😁

で、最近の店長からの報告話。
『先生~♬、シチューにメディセルやったら、お腹の調子がよくなったんです~♪』
『へ~、すごーい?!』

シチューさんは食欲旺盛ワンコ。
でも最近、便の最後のほうが若干緩いのが気になっていたとのこと。
本人はいたって元気なんですよ。

筋膜リリースって、体表面の筋肉の周りの筋膜を緩めてリンパ液を流れを良くし、むくみを取ったり、疲労物質を流したり、筋肉をほぐしたりする目的だと思うのですが、お腹の調子が良くなるなんて!!

6月18日のインスタにもあげていましたが、店長は今、薬膳の勉強をしているので、東洋医学の観点から、この梅雨の時期は体に『湿(しつ)』といって、水分が貯まってしまうことで、巡りが悪くなり、胃腸の不調や皮膚病が出るんですよ、ってお伝えしていたのですが、この『湿(しつ)』が改善することで、全身のむくみが取れるだけでなく胃腸の調子がよくなるなんて♬

西洋医学的に考えた場合でも、胃腸が正しく活動するためには、自律神経のうちの『副交感神経』が優位に働く・・体がリラックス状態になる・・ということがても重要。
筋膜リリースで全身の筋肉のこわばりが取れると、身体が緩むので副交感神経優位になります。
そして、筋膜リリースで体表のリンパの流れがよくなる。リンパの流れは全身に繋がっているので、おそらく直接触れていない内臓・全身のリンパの流れも良くなるはずですから、胃腸のむくみも取れるでしょうから、さらに胃腸の活動も正常になるんじゃないかな、なんて考えてみました。

とすると、この筋膜リリースって、めちゃくちゃ可能性を秘めた施術なのではないかと。
冷えやこわばり、神経痛や腰痛のペットはもちろんだけど、
例えば慢性的な皮膚病の子とか(あまり重度で皮膚表面を擦ると刺激になりそうな場合は難しいけど)、腎機能が落ちている子とか(特に定期的に点滴している場合などは全身の体液の巡りがわるくなりますしね)、神経系のトラブルを抱えた子とか(絶対にリラックス効果(=副交感神経優位)が得られますから、過剰な神経の興奮を抑えられないかな)、今回のように胃腸の不調がなんとなく改善しないときとか。。。

筋膜リリースの施術は医療行為ではないため、明確に効能をうたうことはできないのですが、さまざまな体調不良の補完のケアとして、そして、体調不良が出ないようにするための【未病ケア】として、大きな可能性を感じている私なのでした(^-^)

メタトロンと飼い主の感情

メタトロン。最上位機種と言われるホリスティック(旧サクラ)は、【感情】という項目があるんです。

ヘッドセットをつけるだけで、その人の内側にある【感情】が類推できる・・不思議な世界です。

周波数と感情って結び付けようとすると難しいけど、【場の空気】と考えると少しわかりやすいかも。
例えば、嬉しそうな人が醸し出している空気とか、怒っている人の醸し出す空気とかって、顔の表情を見ることなく後ろ姿でも感じられることありませんか?
例えば学校や会社で、だらだらした会議と、緊張感をもった会議の雰囲気や空気って、全然違ったりしませんか?

場の空気も周波数なのかな、周波数ってそんなかんじなのかな、って捉えています。

で、私の持っているメタトロンはウェルビーングと言って、現行のスタンダードモデル。
残念ながら感情を活字で表記してはくれません。。。

ただ、その子の内に秘めた感情を探れないかなと思い、時々パワースト―ンのチェックをすることがあります。

メタトロン、相性の良い天然石(パワーストーン)を見ることができるんです。
世の中のさまざまな石(天然石)には個々それぞれの周波数があるんです。水晶(クウォーツ)は、32.768kHzの周波数を持つ石であることを利用して、正しい時(とき)を刻むことができるのだとか。

私は天然石に詳しいわけでなないのですが、時折その説明を確認しながら、メタトロンが計測した他の項目と合わせていろんなことを類推するようにします。

そうすると、【不安】【ストレス】【家庭の問題】などを解決に導く石が合っているよ~、って教えてくれるケースが時々出てきます。

こんなに可愛がってもらっているのに不安?家庭の問題??と思ってしまうことがあるのですが、実はこれ、飼い主さんから発せられる波動を拾っていたりしないかな、って思うことがあるんです。

(※私は全くスピリチュアル的な感覚は備えていないし、アニコミさんのようにペットの声も聞けない、普通の獣医師ですのであしからずです。)

私は往診獣医ですが、代替医療の機器をいろいろ備えていることもあり、ガンや慢性疾患で完治の見込みが難しい症例のお宅に呼ばれることがあります。

オゾン療法や水素のケア・サプリメントなどなど。安心安全で使えそうなことはいろいろ施すのですが、私の診る感じでは、もう一度元気にしてあげられそう、と思っていても、ちっとも元気が出て来なくて、行くたびに状態が悪くなっていくことがあるんです。
ん~~、なぜなんだ??って思って話を聞いていると、飼い主さん、かかりつけ医で聞いた診断結果がショックで悲観にくれて毎日泣いて生活しているとのことでした。

反対に、電話でとっても状態が悪いと聞いていたワンコさんのお宅に往診に行った際、尻尾を振ってお出迎えをしてくれたことがあります。
『電話でお聞きしていたよりも随分元気に見えますね』とお聞きすると、
『そうなんです、毎日不安で仕方なかったのが、先生に電話したことで“まだやれることがあるかもしれない!”そう思って電話を切った瞬間から、うちの子、元気が出てきたんです~!』って。

これ、本当の話です。

いずれもガンの末期の患者さんでしたので、完治に至ることはありませんでしたが、後者の患者さんは、一旦は私もびっくりするくらい元気を取り戻しました。

ペットと飼い主さんは一心同体というか、飼い主さんの写し鏡というか。
飼い主さんの感情を、ペットはかなり敏感にうけとっているのではないかな、と思うことがしばしばあるんです。

飼い主さんが悲しい顔をすれば、ペットも悲しくなるし、飼い主さんが嬉しい顔をすればペットも笑顔になる。
飼い主さんの不安はペットにも伝わるし、飼い主さんのワクワクもペットに伝わります。

悲しいことがあって部屋の片隅で一人で泣いていたりすると、そっとそばに寄り添ってきてくれること、ありませんか?
嬉しいことがあって、ニコニコしていると、ワンコも嬉しそうに笑っていませんか?

科学的な観点にはなりませんが、病気と向かい合うとき、飼い主さんの感情って、ペットにもとても大きく影響するんです、間違いなく。
ペットが大病した時、いかに飼い主さんが前向きで気持ちを切り替えて頑張れるか、これ、とても大切なんだと感じています。
そして、ペットの健康に気遣うと同時に、ご自身の心身の健康に目を向けていただくことも、とても大切なんだろうなーって思うことがしばしばあります。

メタトロン、ペットと一緒に飼い主様も受けてもらうことが可能です。
私の場合、ペットの判定の補完として飼い主さまを見ることがメインです。
私はほとんどペットでしか見ないため、飼い主ご自身がしっかりメタトロンを見てほしいのであれば、人を専門に見ている方に依頼したほうが情報が多く取れるかと思いますが、飼い主様自身もペットと一緒にやってみると、思いがけない結果が見えて、ご自身を見つめなおす機会になる場合もあるようですよ。喜ばれます。

もしご興味がありましたら、お問い合わせくださいネ。

熱中症注意!

先週末のお話。

6時半過ぎに1本の電話が。。
ウェルシュコーギーの飼い主様からでした。
『お散歩の途中から急に息苦しい感じになって、帰ってきてもゲコゲコ言っている・・』とのこと。
電話口からは、ワンコがアヒルが鳴いているような、カエルが鳴いているような”ゲコゲコ”という息苦しそうな呼吸の音が聞こえます。

『外の熱気で喉の粘膜が急に腫れて、呼吸がしにくくなっているので、今すぐに【部屋のエアコンを一番低い温度で全開】にして、その【冷たい空気を吸わせて】ください!!』
とお伝えしました。

『冷たいお水を飲ませたほうがいい?』
『喉に保冷剤を当てたほうがいい?』

と聞かれましたが
『そんなことしている場合じゃない!すぐに冷気を吸わせて喉を冷やして!!』

15分後くらいにこちらからお電話したのですが、どうやら呼吸が落ち着いてきた様子。ほっと一安心の一件でした。

この時期、熱中症には本当に注意が必要です。
8月の真夏の時期よりも、7月中旬のような、急激に熱くなった日のほうが熱中症の発生は多いように思います。真夏は飼い主様がかなり注意してくださいますからね。
自分の経験では、5月下旬での熱中症の患者さんを診たことがあります。

熱中症は、単に体が熱くなって”暑い””暑い”となる状態ではありません。

急激に体温が40度近くに上がって、高温のために内臓の臓器の細胞が損傷し、腸の粘膜が損傷することから、血便が出て、腸内細菌やその毒素が血液中を流れ、発見が遅れると多臓器不全となって致死的な経過を辿る、本当に怖い状態です。

このワンコさんのように、涼しくなった夕方6時以降から家を出て、元気に歩いて、お友達ワンコとご挨拶もして、途中まで普通だったのに急激におかしくなる・・・このようなことが普通に起こります。
犬は汗がかけないので呼吸から熱を放散するしかありません。
吸う呼吸が暑いと、喉の粘膜に負担がかかり、無理に呼吸することで急激に腫れる(浮腫)を起こします。
軽度であれば(今回のようにおかしくなった直後なら)、冷気を吸わせてもらって体の中から冷やしてあげるとすぐに回復できるケースもあると思います。
実は、私の愛犬”るいちゃん”も以前、9月下旬に運動公園を散歩していいて急に喉がゲコゲコ言いだして舌がべろーんとなって呼吸がしにくくなったので、慌てて車に戻ってエアコン全開にして、送風口から冷たい空気をせっせと吸わせて、ペットボトルの水で身体を濡らして体を冷やして事無きを得た・・という経験があります。
日頃慣れているつもりでも自分の愛犬となると恐怖でした。。。

今回はコーギーさんだったので、地面から頭までの距離が短いので、余計に地熱の熱気を吸ってしまったのかもしれません。

治まりが悪ければ動物病院に駆け込む必要がありますが、その移動の際も『冷気を吸わせる』ということを覚えておくと、到着するまでにかなり落ち着くこともあると思います。

発見が少し遅れて体が熱くなってしまって、意識が混濁するくらいになった場合は、全身を水で濡らして、身体に風を当てると水分が蒸発する”気化熱”で体表の熱を奪ってくれるので、この状態で動物病院に走る!・・これも覚えておくといいと思います。その15分・30分の処置で回復が全然違ってくると思います。
首や脇・股のところに保冷剤当てて・・・本当に熱中症の症状がでたら正直こんなものでは間に合いませんよ。

もうすぐ梅雨明けですね。これから夏本番です。
夏の暑さと上手にお付き合いして楽しいワンコライフを送りましょう。

ちゃこーるぐれいオンラインショップ

店舗で人気の商品を中心にオンラインでも販売中です。
今イチオシのおすすめアイテムをご紹介しています!

  • STEP EQT 歩けるくん
    8,800~

    着けるだけで体幹を安定。ふらつきや転倒予防、柔軟性アップが期待できます。XS~Lサイズ。(Lサイズは9,350円)人用の製品も。

  • 阪急ハロードッグ わんちゃんのこだわりごはんチキン
    715

    ユーグレナ配合で栄養価が高いため食欲のない子や、やせ気味の子には特におすすめ。脂肪分が少ないのでベタベタしません。

  • レニーム 200ml
    2,596

    ノミ、ダニ、蚊などを寄せ付けません。 ブラッシングにより毛艶も良くなります。無香料なのでペットが嫌がりません。

ちゃこーるぐれいオンラインショップ