オゾン療法について

オゾン療法とは、オゾンガスを血液や細胞と反応させ、体内で様々な作用を及ぼすことによって、自己治癒能力を高め、様々な病気を治療する方法です。

 

※さまざまな作用とは・・・・

・血流を改善する ・酸素供給量を増加させる ・基礎代謝力を高める

・抗酸化力を高める ・免疫能力を高める  ・疼痛緩和、神経修復作用  ・・・・・など。

 

これらの作用により、慢性疾患、免疫疾患、感染症、腫瘍、神経疾患、炎症性疾患、老化など、従来の対症療法では完治の難しかった問題に対して、良い方向に導いていく治療法です。

薬で“抑える”のではなく、自分の本来持っている自己治癒能力・生命維持装置に働きかけ、そのスイッチを入れる治療と考えるとわかりやすいかもしれません。

日本ではまだ医療保険の適用外で馴染みの薄い治療法ですが、発祥の国ドイツでは100年以上前から行われており、現在は医療保険の適用で多くの人が利用しています。

 

人の治療では“血液クレンジング療法”という名前で認知されているようです。

 

オゾンガスそのものは吸入すると大変危険な気体なのですが、血液や細胞と反応させることは全く問題ありません。

しかもオゾンは大変不安定な気体のため、反応すると体内に吸収されることなく、すぐに酸素に変化してしまいますから、正しい使い方をすれば副作用のない大変安全な治療となっています。

 

◆治療の方法◆(今回行うのはオゾン注腸法です)

・オゾン注腸法(肛門からカテーテルという細い管を入れ、そこにオゾンガスを注入することにより、体内に反応させる)→動物に対してはこれが一般的な治療です。

・オゾン大量自家血液療法(血液を採血し、直接オゾンガスと反応させた後、再び自分の血管に戻す治療法です)→これが人でいう“血液クレンジング療法”と言われるものです。

・オゾン少量自家血液療法(少量の血液をオゾンガスと反応・溶血(血液を壊す)させた後、血管ではなく、皮下・筋肉に注射をして戻す方法です)

・オゾンガス皮下投与法(オゾンガスを患部に直接皮下注射することによって作用させる方法です)→腫瘍、神経、筋肉の問題があるときなどに利用します。

・オゾン水、オゾン化オイル(オゾンを水に溶かしたり、オリーブオイルに吸収させ、外用薬として利用する方法です)→殺菌作用、傷の修復を早める作用があります。

 

◆適用疾患◆

皮膚疾患(アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、内分泌性皮膚炎、外傷、褥瘡など)

腫瘍性疾患(ガンの成長・転移を遅らせる効果、疼痛緩和など)

慢性疾患(肝炎、腎不全など)

消化器疾患(大腸炎、食欲不振など)

神経疾患(椎間板ヘルニア、中枢・末梢神経疾患、関節炎、リウマチなど)

老化、アンチエイジング(免疫力の向上、基礎代謝、血流の改善、抗酸化作用、疼痛緩和などによるQOLの改善)

ブドウ膜炎、角膜潰瘍などの眼疾患

免疫性疾患     などなど。

 

通常は1週間に1回~2週間に1回のペースで何回か継続で治療して反応を見ます。

適応症例は広範囲ですが、完治できる場合もあれば、症例によっては期待するほどの効果が出ない場合もありますし、定期的な治療が必要になる場合もあります。

ただ、全身にプラスの作用を及ぼすため、1つの疾患に限定されることなく、また副作用がないため、さまざまな体の問題に向き合うことができます。

 

難治性の皮膚炎や、切除を諦めた腫瘍慢性疾患や慢性の疼痛・麻痺ウィルス感染症免疫異常老化に伴う体力の衰えなど、通常の治療で思うような効果がでない場合や、一時的な体調不良でも使用可能です。

オゾン療法のみではなく、そのほかの治療を組み合わせたほうがより治療効果が上がる場合もあります。